読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白色発動機

125ccオフ車であちこちツーリングするにっき

小田原南足柄広域農道を走ってみた

寒いし仕事忙しいし疲れてるし、みたいな日々はいつまでも続くものではない。たぶん。少なくともぼくのところにはその終わりが今日訪れたので、バイクにまたがって、小田輪南足柄広域農道を目指すのである。

小田原南足柄広域農道とは、小田原市南足柄市を結ぶ、クルマやバイクで走るといい感じの道である。解説はこのページがよかった。

ところがクルマでもバイクでも行ったことがない。なのでバイクで行ってみた。


そしたらよい道でした。ちょっと路面荒れ気味ですが、凍結の心配なく走れる手近なワインディングとしてこれはよさそう。ちょうくねくねしてるわけでもないので、気軽に流すのがいいかなー。マスツー集団さんや、けっこうなペースのハヤブサさんとすれ違いましたが混雑度低くて快走路。r74やR255より面白い道を選択したい場合も有用だと思います。また通りそう。

地図上ではアクセスが難しく見えるかもしれません。北からエントリーするには「南足柄市運動公園」、南からでは「総世寺」を目指すとわかりやすいでしょう。どなたかがまとめてくれたこの地図も便利でした。

気ままに走って帰り道で途方に暮れるのアンチパターン

小田原南足柄広域農道を走りおえて、小田原市内に飛び出したものの、なんかちょっと走り足りない気分。R135に渋滞表示はありましたが、椿ラインくらいいってみるかねと登ってみました。そしたら奥湯河原からしとどまで、追いつきも追いつかれもしない貸し切り状態で幸せな気分に。路面もウェットパッチがあるくらいでほぼドライ。楽しかった。やっぱりここ、いい道ですねぇ。

気分がよくなってそのまま上に登っていったらレーダーのあたりから路肩に雪が。素直にR1の旧道じゃないほうを降りて帰ろうと思ったら、なにを血迷ったか宮ノ下で冒険心が芽生えて左折。乙女峠方向に向かったあと長尾峠に突入しようと思いましたが、交通量少ないからかだいぶウェットな感じ。気温もだいぶひくく、素直に乙女トンネルを抜けました。

降りたら御殿場で(そりゃそうだ)、帰り道だいぶ遠いなーと少し萎える。そもそも、



ってわかってるのに、気分がよくなると好き勝手に走り出して、あとで困るって、飼い主がいない犬なみの知能、または小学生の自転車です。おちつこう。

あと、こういうときはちょっとおやつ食べるの効果的ですね。やる気がでます。

今日のメモ

天気:晴れのち曇り
気温:1度〜8度くらい
走行距離:240kmちょっと
主なルート:横浜市内->R1->戸塚->r22->R246->小田原南足柄広域農道->小田原->R135->湯河原->椿ライン->R1->宮ノ下->R138->乙女峠->R246->r22->R1->横浜市
f:id:shirohatu:20150221234707p:plain

今日のライテク

少しひじを出し気味にしてみました。上体のなめらか度アップ。よくモタードの人やってますが、やっぱこれ扱いやすくなりますね。くねくね走るときはそうしよう。

今日の防寒

帰り道、薬指と小指だけが冷えてさみーなーという気持ちになったので、使い捨てカイロをグローブにしこんでみました。そしたらよかったです。カイロ便利。

今日の悲しいできごと

横浜市内に戻ってきて、ハナマサで買い物して、るんるんと無事帰宅。ところが止めたときにスタンド出し損ねで、そのまま左の壁にバイクと肩でアタックしてしまいました。転ばずに済みましたが、左ミラーがパリーンと割れてしまった…。明日にでも買いに行きます。